栄養満点な青汁の成分は何が入っているのか

青汁の成分は、商品や原材料によって違いがあります。また、入っている成分により味の違いや効能も違います。ここでは現在、青汁の原材料として主流になっている緑黄色野菜ケールと大麦若葉の2つを取り上げ、入っている成分を比較してみます。

【緑黄色野菜ケール】ケールは、アブラナ科の植物でキャベツやブロッコリーの原種とも言われています。野菜のなかでも、とくに栄養素が多く入っており野菜の王様と呼ばれることもあるほどです。青汁の原材料としては代表的な存在といえ、多くの製品に使われています。ケールに含まれている栄養素は、食物繊維やたんぱく質、ミネラル、カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リン、メラトニンなど豊富です。この栄養素のなかで、とくに注目ししたいのがメラトニンという成分です。このメラトニンは、睡眠の質を高める効果があり少ない睡眠時間の方には特にお勧めです。ただし、間違わないで欲しいのは、メラトニンは睡眠薬ではありません。あくまでも睡眠の質を高める効果があるということです。味は苦みが強いため、日本では生野菜用としての栽培はされておらず主に青汁用として栽培されています。

【大麦若葉】大麦若葉とは、イネ科の植物でカリウムや食物繊維、たんぱく質、カルシウム、マグネシウムなど多くの栄養素が入っています。カリウムは肝臓に大切な物質です。大麦若葉の青汁を体に吸収することで、カリウムも体に取り込め肝臓に良い働きをしてくれます。またSOD酵素という成分も入っており、体内に増えてしまった活性酸素を中和してくれる働きもあり、老化の促進を抑えます。味は他の青汁より苦みが少なく、青汁初心者の方が飲み始めるには飲みやすいと言えます。また、ケール独特な苦みが苦手だった人でも大麦若葉の青汁は飲めるという人もいるようです。

ケールと大麦若葉の成分を比べてみても、どちらが青汁として良いかという判断はできません。自分自身の体がより求めている効果を検証し、あなたにあった青汁を見つけることが大事でしょう。