冷凍の青汁って存在する?

青汁には粉末タイプや液体タイプなど様々なものがありますが、その中には冷凍タイプの青汁もあります。冷凍タイプの青汁は、液体タイプの青汁を急速に冷凍させた商品です。液体の青汁を冷凍させたものですから、水にさらすなどして解凍すれば簡単に飲むことができます。保管も冷凍庫に入れておけばOKなので、管理も簡単ですよ。冷凍タイプの青汁は絞りたての新鮮な青汁をそのまま冷凍させているので、原料であるケールや大麦若葉の栄養を少しも逃すことなく安心で安全な青汁に仕上がっています。元々液体タイプの青汁ですから、粉末タイプの青汁などに比べて非常にのどごしがなめらかで飲みやすくなっています。

また、冷凍タイプの青汁には、濃縮冷凍タイプの青汁というものも存在します。濃縮冷凍タイプの青汁とは、青汁の水分を抜くことで青汁の原料そのもののエキスを濃縮し、それを冷凍させた商品のことを指します。なので、解凍後はそのままではなく水や牛乳を混ぜて飲みます。濃縮冷凍タイプの青汁は、通常の冷凍タイプの青汁よりも保管場所が狭くても管理できるので、冷凍庫がいつもいっぱいという人などは、濃縮冷凍タイプの青汁がおすすめですね。

その他、冷凍タイプの青汁に似たものとして、フリーズドライタイプの青汁もあります。フリーズドライタイプの青汁とは、急速に冷凍した青汁を真空で乾燥させたもののことを指します。インスタントのスープやお味噌汁などをイメージするとわかりやすいかと思います。フリーズドライタイプの青汁の飲み方は、インスタントのスープなどと同じで水やお湯を加えて飲みます。こちらの青汁も冷凍タイプの青汁同様、簡単に飲めるのでおすすめです。