子供も飲めるようになる苦い青汁を美味しくするコツ

青汁の多くの主原料として使われている緑黄色野菜ケール。栄養満点で、野菜の王様と呼ばれるほどです。しかし、味には独特な苦みがあり生では食べづらいほどです。

一昔前、青汁が『マズい』『苦い』というイメージがあったのは、このケールの苦みがまだ改良されていなかったためでしょう。現在、味や飲みやすさも改良され、独特な苦さも軽減されている商品がほとんどです。しかし、それでもまだ飲みにくいと言うお子様をお持ちの方に青汁を飲みやすくする方法をお教えします。

まずは牛乳とハチミツで割る方法。牛乳はしっかり冷えた状態で青汁と割りハチミツはスプーン1杯分入れます。牛乳で割ることで、口当たりもまろやかになり腹持ちもよくなります。またハチミツの甘さで苦みもなくなりお子様のおやつや補助食としてもピッタリです。

次に、100%ジュースで青汁を割る方法です。とてもフルーティーな飲み口になり、お子様でもゴクゴク飲めて栄養補給できますよ。

『良薬は口に苦し』と言いますが、苦くて美味しくないものを毎日飲み続けることは困難です。ましてや、小さなお子様にそれを続けさせることは難しいでしょう。

無理なく、美味しい青汁を飲んで健康的な食生活をお子様にもさせてあげましょうね。