口コミ人気で分かる美味しい青汁と飲み方のコツ

一昔前、青汁は苦い・マズイと言われ多くの人から敬遠されていました。しかし、最近ではハチミツ入り青汁や抹茶風味青汁など味の改良をした商品が数多く発売されており、バリエーションも豊富になりました。また、青汁独特の臭みや苦味も年々研究され飲みやすい青汁が増えてきています。ただ、その中でも「より飲みやすい青汁を知りたい、美味しい青汁を飲みたい」という方に、口コミで飲みやすいとされている青汁と飲み方をいくつか紹介していきたいと思います。

【極の青汁(サントリー)】宇治産煎茶と抹茶が入っている青汁です。抹茶風味なので、お茶として飲みやすく、少し甘味料や牛乳を足せばカフェにある抹茶アイスティーのようにも楽しめます。また、粉末が溶けやすいのが特徴でヨーグルトなどにも混ぜあわせて食べることもできますよ。

【はちみつ青汁 (キューサイ)】有名な山田養蜂場のハチミツを使用しており、ほんのり甘い飲み口です。この青汁はケール100%にも関わらず、苦くなくお子様でも飲みやすいと言われています。

【レモンの青汁(グリーンハウス)】名前の通り、レモン味の青汁です。青汁なので、やはり見た目は緑色ですが味自体はレモン味なので、100%の果実ジュースと混ぜてミックスジュースのようにも楽しめます。

すべての青汁に言えることですが、良く冷えた水や牛乳で割ることで青汁はさらに飲みやすくなります。また、青汁の粉末が細かければヨーグルトに混ぜたりスープにしたり、ホットケーキミックス粉に混ぜたりして食べることも可能です。青汁は毎日取り続けることが大事ですので、皆さまも自分にあった飲みやすく、自分の生活に取り入れやすい青汁を見つけてみて下さい。