青汁はコレステロール値を低くすることが出来る

会社などの健康診断で『コレステロール値が高い』と注意されたことがありませんか?もしくは、あなたの身の回りの方で、メタボ体型になってしまいコレステロール値が心配だという方もいるのではないでしょうか?

コレステロール値が高いということは、体にとって悪い影響がある。このことは理解している人も多いと思います。しかし、イマイチどう体に悪いのか分からない方もいますよね。そこで、少しだけコレステロールについて説明しておきましょう。「コレステロール値が高い」というのは、基本的に悪玉コレステロールの数値が高いということです。悪玉コレステロールが体内に増えすぎてしまうと、血管壁が大きくなります。肥大した血管壁は、動脈硬化を起こす原因にもなり大変危険です。この動脈硬化が進むと、脳や心臓、体の様々に障害をきたし最悪の場合死に至ることもあるのです。

この危険なコレステロール値を下げるためには、食生活をまず改善しなければなりません。コレステロール値が高いと言われている卵黄や乾物のするめ、バターなどはなるべく少量に抑えた食事をしましょう。また、野菜を多く摂取して健康的な食事が理想です。しかしながら、食生活の改善と言っても忙しい人にはそれが難しいのが現状ですよね。そこで、青汁の登場です。

青汁には、豊富な栄養素が入っており野菜不足の生活を解消してくれます。また、青汁を飲むことで活性酸素の働きを抑えることができます。この活性酸素の力を抑えれば、コレステロール値を低下させることができると言われています。あなたも、青汁を飲んでコレステロール値を下げ健康的な体を目指してみて下さい。