国産の青汁はこんなに種類があった

青汁は、日本だけで飲まれている健康食品だと思っている方もいるのではないでしょうか?いいえ、実は健康マニアの多いと言われるアメリカをはじめ、世界各国で青汁は販売されています。青汁とはそれだけ、栄養価の高い飲み物として世界的にも知られている証拠と言えるでしょう。

しかし、残念ながら外国産の青汁には主原料で使用する野菜や植物が農薬まみれのなかで栽培していることもあり、購入する時には注意が必要です。やはり、国産の青汁の方が安心して飲むことができるという人も多いのは事実でしょう。

そこで、今回は主原料の栽培を日本国内だけで行われており、なおかつ国産生産をしている商品を調べ列挙してみました。購入の参考にしてみて下さいね。※国産の青汁だけが、安全で安心というわけではありません。国外で販売・生産されていても安全な青汁ももちろんあります。青汁を購入するときには、よくご自身で吟味してからお選び下さい。

【国産100%ケールが主原料】粉末青汁(キューサイ)、キューサイ青汁・冷凍タイプ(キューサイ)、ケールまるごと搾り(ファンケル)

【国産大麦若葉が主原料】緑効青汁(アサヒ緑健)、やずや養生青汁(やずや)、青汁三昧(青汁三味)