ケールの青汁で花粉症の症状が緩和できる

近年、日本では花粉症になる人が増え続けいます。すでに、日本人の四分の一の人が花粉症という発表もあり、今後はもっと花粉症の患者数は増えるだろうとも言われています。

花粉症になると、外出時はマスクや目薬などが必需品となり手放せなくなります。また、外へ出れば花粉を家へ持って帰ってくることにもなり花粉の時期になれば何処へいっても逃れようがありません。外気に触れたとたんに、鼻がムズムズし鼻水がとまらなくなったり、くしゃみがでたり、目のかゆみに悩まされるなど、花粉症になれば一日中このようなアレルギー反応に悩まされてしまします。

しかし、実はこれら花粉アレルギー症状を、青汁の主成分でよく使われているケールにより抑えることが出来ることが分かりました。健康食品で有名なファンケルが研究発表しケールの有能性を証明したのです。

青汁の主成分として多く使われているケールには、糖脂質とフラボノール配糖体の2つの成分が入っています。これら成分が、花粉症の症状を緩和してくれるのです。以前から、野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高いと言われていたケール。栄養価が高いだけではなく、花粉症の症状も抑えることができるとなれば、ケールを摂取したいと思う人は多いでしょう。

今現在、日本国内で栽培されているケールは主に青汁用です。また、ケールは生野菜で食べるには苦みが強いため、青汁で摂取する方が無難でしょう。

あなたが毎年花粉症でお悩みの場合は、ケールが主成分の青汁を試してみて下さい。花粉のアレルギー症状が緩和されるかもしれませんよ。

【花粉症の症状緩和に効果がある青汁】ファンケル青汁(ファンケル)