青汁はいつ飲むの?飲むタイミングによって違う効果

青汁を飲み始めるときに「いつ飲めばいいの?」と意外と悩む人がいます。朝起きた時に飲めばいいのか?日中飲むべきなのか?それとも夜に?などタイミングが分からないという人も多いようです。本来、青汁を飲むタイミングは人それぞれ自由です。けれど、青汁をいつ飲むタイミングよりも、その飲む時間によって効果の違いがあれば知っておきたいですよね。そこで、ここでは朝・昼・夜の3つの時間帯に分けて青汁効果についてお話しします。

まずは、青汁を朝飲む場合です。青汁を朝食替わりに飲んでいる方もおりますが、青汁にはミネラルなどたくさんの栄養素がたっぷり入っています。朝、体内にあげる最初の栄養素はとても大切で青汁は最適と言えるでしょう。普段、朝食を食べていない方はもちろん、食べている方も朝ごはんと一緒に青汁を飲むことで、身体の巡りが良くなります。朝から青汁を飲めば、いつも以上に体が軽く感じられ元気に一日を過ごせるでしょう。

次に、日中バージョンです。昼食前・昼食後、どちらでも青汁を飲むタイミングは構いません。特に外食でお昼を食べることが多いという方は、日中に青汁を飲むことをオススメします。ランチではよくサラダ付きのメニューが多いですが、サラダがついていたとしても実は気持ち程度で少ないですよね。高カロリーのランチを食べる時の罪悪感をこの小さなサラダで軽減させていることないですか?結局、外食でとれる野菜の栄養は少しだけのことが多いはず。ランチ前やランチ後に、足りなかった野菜の栄養素を青汁で補えば健康維持や美容効果にも繋がりますよ。

最後に夕食時です。青汁を夕飯前に飲むことで食べ過ぎ予防につながります。夕飯前に飲めば普段食べていた食事量を減らすことができダイエットにもなるかもしれません。また、青汁には様々な飲み方がありますが牛乳で割って飲めばさらに満腹感も味わえます。ダイエットもしたい方は、この飲み方も試してみて下さい。仕事で忙しく、夕飯を食べることが出来なかった人も、一日の終わりに青汁を飲めば足りない栄養素を補うことができますよ。

青汁を飲むタイミングはあなた次第。毎日飲み続けることが大切です。ライフスタイルに合わせ、青汁生活を取り入れていきましょう。