色々な青汁の種類

青汁とは一体なんでしょうか?青汁は野菜をすりつぶしたものです。野菜をすりつぶして作った絞り汁の総称が青汁なのです。青汁といえばケールが主原料になっていると思っている人も多いのではないでしょうか。もちろんケールを青汁の主原料としているところもありますが、明日葉、大麦若葉、よもぎ、緑茶なども青汁の主原料として使われています。ケールだけを絞って作った青汁は少し癖があるので飲みにくいとかんじる人もいるでしょう。

最近では自分の健康のために青汁を毎日飲んでいる人も多くいます。需要が多くなったことで色々な飲みやすい青汁も出て来ています。たとえば大麦若葉はケールよりも癖が少ないので飲みやすいといわれています。大麦若葉はイネ科の食物です。若葉を使っていることから栄養価が高くビタミンやミネラルが豊富です。明日葉もケールと比べてアクが少なく癖が余りないので青汁にしても飲みやすいようです。栄養素もケールに劣ることはありません。

青汁は作り方によっても色々な種類があります。粉末タイプ、顆粒タイプ、錠剤タイプ、フリーズドライタイプ、冷凍タイプなどがあります。作り方によって味も異なります。青汁を飲む場合、どの種類の青汁があなたにあっているかを確認するためにもイロイロナタイオウを試してみましょう。自分に合った青汁を見つけることが出来れば継続していくことも苦にはならないでしょう。健康増進のためにも青汁をお勧めします。