青汁に入っている栄養素とは何か

青汁は、原材料の種類や違いによって栄養成分が異なります。ここでは、青汁で代表的な主成分として使われているケールと大麦若葉の栄養素について説明していきます。※商品によっては入っていない栄養素もありますのでご注意ください。

食物繊維・・・食物繊維には、腸内環境を整えてくれる働きがあり、便通をよくする効果があります。

ミネラル・・・身体になくてはならないのがミネラルとビタミンです。健康な血をつくるためにも必要です。

ビタミン群・・・ミネラルと同じく身体に大事なビタミン群は、肌荒れ予防や免疫力の強化に加え、ストレスの軽減にも働きかけてくれます。体内からこのビタミン群が不足してしまうと身体に悪影響を及ぼし、病気になることもあります。

カルシウム・・・カルシウム不足になると、よくイライラすると言いますが、これは精神を安定させる力をカルシウムが持っているためです。また、コレステロール値を下げる効果もあります。

鉄分・・・鉄分を身体に吸収すれば血の巡りを良くしてくれます。貧血を予防や、冷え性の改善にもなります。

カリウム・・・高血圧の方はとカリウムをとることで血圧を下げる働きがあります、また、利尿作用もあり体の毒素を体外に排出してくれる作用もあります。

マグネシウム・・・中性脂肪が多い方など、血液のコレステロールを減らす作用もあります。また、マグネシウム不足になると骨粗鬆症になる原因にもなるので注意が必要です。

以上、挙げた栄養素の他にも青汁には様々な栄養素が入っており、とても優秀な健康食品です。青汁を飲み始める方は、自分の身体に必要な栄養素を見極めて商品選びをしてみて下さい。