青汁の味が苦手な人でも美味しく飲む方法

青汁の味とは、成分や飲み方によって大きく異なります。まず、青汁に入っている成分は主原料により異なりますが、代表的に使われているのがケールと大麦若葉です。最近になり明日田葉やゴーヤなども主原料として使われるようになりました。この主原料の味だけで青汁を売り出していては苦みが強く、一昔前のまずくて苦い青汁と同じになってしまいます。

しかし、今現在ではどこの製品も飲みやすくするために様々な改良が加えられています。例えば、ハチミツ入りや抹茶風味の青汁、形を変えてアイス青汁などの商品もあります。また、青汁の飲み方で味も変化します。キンキンに冷えた水で青汁を作れば苦みや臭みが減少されますし、牛乳で割れば口当たりがまろやかになります。また、100パーセントジュースで青汁を割れば甘みと酸味がプラスされることで、よりスッキリとした飲みやすい青汁になります。

ただし、味覚には個人差があるので他の人が苦いと感じても、あなたは甘いと感じる青汁があるかもしれません。そして、他の人が苦くてマズイと思った青汁でも、あなたはその苦みがおいしいと思うこともあります。味の好みも人それぞれなので、自分が好きになれる青汁の味を探してみて下さい。ここでは味や形状の異なる青汁商品を紹介してみます。購入の参考にしてみて下さい。

【青汁アイス製品】青汁アイス・豆乳と青汁アイス(MASUDA)

【ハチミツ入り青汁製品】はちみつ青汁(キューサイ)

【抹茶風味青汁の製品】青汁三味(青汁三味)